国際ヒロット協会とは

国際ヒロット協会は、フィリピンの伝統療法「ヒロット」の技術発展および健全な普及のために2006年に設立されました。本協会では、冷えや詰まりを人体から解放する「ヒロット」が、現代のストレス過多な多くの人に癒しと、またそれ以上の体質改善や不定愁訴に有効な療法と考えています。フィリピンの伝統的なスピリットを受け継ぎながら、日本人に合わせた確かな技術と結果に繋がる正しい知識の習得を目的としています。そのために、協会認定のスクール、認定サロン制度を設け、健全で安全なヒロットの普及を促進するため日々活動を行っております。

2006年  現地のヒロット師、Tay Roberto氏そしてEduardo P. 氏より技術の伝授をいただき、フィリピンのトラディショナルヒロットを日本人に合わせてアレンジした、セブ式ヒロットを開発しました。同年、多くの方に素晴らしいヒロットの技術を伝えるため、国際ヒロット協会を設立。またヒロットセラピスト育成のため、ヒロットセラピースクールを開校しました。

大阪、広島、神戸、金沢などのスパや池袋、銀座にヒロットサロンを出店し、ヒロットの普及に努めてきました。

その他、フィリピンフェスティバル、フィリピンエキスポ、ツーリズムエキスポ、癒しフェアなどイベントでもヒロット体験ブースを出店し、ヒロットを紹介しています。

ヒロットに欠かせないココナッツオイルを作る農家さんへの助けに繋がる“WITH COCO FARMER”プロジェクトにも参加しています。

ヒロットだけでなく、フィリピンの文化や自然療法も発信しています。

フィリピンの伝統療法が学べる日本初のヒロットセラピースクール

国際ヒロット協会認定のヒロットセラピースクールでは、セブ式ヒロットの技術とセラピストとして必要な知識、サロンワークが学べるヒロットセラピスト認定資格コースを開講しています。
また、フィリピンの伝統的なフットケア療法「ダグダガイ」や吸玉療法「VENTOSA」、バナナの葉を使う「バナナリーフスキャニング」など、幅広く学ぶことができます。